インターネット薬局について | 薬剤師求人navi

サイトマップ 運営について

業種別比較

インターネット薬局
薬局の将来について

西暦2000年以降、ますます多くのインターネット薬局が世界中に広まっていった。
これらの薬局の多くは地域の薬局に似ており、また実際に多くは実店舗を運営しています。
インターネットを検索して薬を購入するお客様を取り込もうとしている薬局は増加している。
主な違いは、薬の購入方法と販売方法です。
お客にとっては、実際に近くに薬局に行き購入するよりも、インターネットを介して購入する方が時間も節約できるし、またプライバシーの問題も守られると考えらる。
患者の状態によっては、インターネットの薬局(オンライン薬局)は、医師によって推奨されています。
このような薬局から多くのお客様のオーダー薬は、医師を訪れるの"不便"を回避したり、その医師が処方に消極的な薬を取得することが可能になる。
しかしこの方法は禁忌、リスクがある為、薬剤の使用について全体的な適合性を評価できると感じる人々によって、危険があると批判されている。
また、規格外製品を分配する薬局の報告もあった。

カナダは世界で最も高い薬価を支払う米国の消費者に対して、低コストの処方薬を販売する。
その数は多く、インターネット薬局の数は数十を超える。
近年、多くのアメリカの消費者及び、その他の国において高い薬剤費を払っている国々では、多くの場合、カナダに比べてさらに低価格のインド、イスラエル、英国におけるライセンスのインターネット薬局から購入している。
米国から薬の輸入合法化がカナダの消費者のコストを削減する。
ほとんどの場合、処方薬の輸入に違反したとしても食品医薬品局(FDA)の規制と連邦法が執行されることは一般的ではなく、また対象は消費者ではなく国際的な薬物の供給業者となっている。
オーストラリアでは開発されたオンラインサービス医学の名の医薬品情報の検索は、医薬品に関する情報を提供しますが、処方や薬物の特例を提供していません。
これらのサービスは、しばしばジェネリック医薬品の促進と価格と有効性に関する比較情報を提供することで選択肢を必要とします。