人材派遣会社(薬剤師)の比較・口コミサイト

サイトマップ 運営について

人材派遣会社について

 派遣とは1日数時間〜フルタイムのお仕事まで、自分のペースで就業が可能です。

 今回は以下の3社をご紹介。他社も引き続き調査中。

 

1位 日本調剤ファルマスタッフ

メディカルリソース(日本調剤ファルマスタッフ)
http://www.38-8931.com/info/haken.html
派遣で就業を希望される薬剤師の方向けの情報を掲載しています。日本調剤ファルマスタッフでは、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師のあなたをサポートいたします。

2位 クラシス

クラシス
http://yaku-job.com/
単発や1日数時間のお仕事から、週休2日のフルタイムのお仕事まで、ご自身のペースで就業が可能です。

3位 ファーマリンク

ファーマリンク
http://www.k-pharmalink.co.jp/
薬剤師専門の求人情報サイト。正社員や派遣・パートの高待遇の求人を首都圏130店舗以上の薬局チェーンネットワークを活かしてお仕事の紹介や募集しております。派遣は自給2,500以上が基本で、年4回のボーナス支給もあります。

 

人材派遣について

 人材派遣とは、派遣元となる派遣会社に登録している者を、派遣先となる事業所へ派遣して、かつ派遣先の指揮命令のもとで労働サービスを提供する雇用形態のことであり、法令上は「労働者派遣」が正式名称である。

 法令上は「労働者派遣」が正式の名称であるにもかかわらず、わざわざ「人材派遣」という名称で呼ぶ事業者や人がいるのは、以下のような理由による、ともされる。

 ・派遣先への直接雇用の意味合いを持たれること。

 ・「労働者」という言葉が、「ブルーワーカー」をイメージさせることがあり、それを避けるため

 ・適性な「人材」を「派遣」して、労働サービスを提供する事業形態であること

 

「人材派遣」の意味

 人材という言葉は労働者以外にも意味することがあるため、「人材派遣」が意味する実体は民法上の請負や委任のようなケースを指すこともある

 家庭教師の派遣や、介護ヘルパーの派遣は、労働者派遣ではなく、民法上の請負であるが、実体として事業所から労働現場に向く形態であり、一般に派遣という言葉が使用される例もまれではない。ただし、彼らが完全に自らの判断に基づいて完全に仕事を請け負っているわけではなく、実質的には事業所のある程度の指揮命令系統が存在しているのが普通であり、いわゆる労働者派遣事業法に基づく人材派遣ではない、とは必ずしも言い切れない。

 

 * wikipediaの「人材派遣」の項目より

 

リンク集