薬剤師の仕事

 病気の治療や予防、健康の維持などのために、薬は私たちの生活に欠かせないものになっています。病気やけがで、病院や診療所(医院)にかかって薬をもらったり、体調がすぐれないときに町の薬局・薬店で大衆薬を購入したことがきっとあると思います。
こうした薬が製薬企業で作られ、医療機関や薬局等を経由して消費者の手に届くまでのすべての過程で、薬学を基礎とした専門的な立場から関与しているのが薬剤師です。
薬剤師の任務は、薬剤師法という法律で「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」と規定されています。

薬剤師とは?

薬剤師は薬の専門家として公衆衛生の向上のために働く事が義務づけられておりグラフのように様々な分野で活躍しています。
皆さんに一番身近に接しているのは、薬局や病院・診療所で働く薬剤師でしょう。薬局と病院には薬剤師を置くことが法律で義務づけられており、医師の作成した処方箋に基づいて薬を「調剤」することが主な仕事です。薬局の薬剤師は調剤とともに、一般用医薬品(大衆薬)の販売も行っており、薬・健康・介護など幅広く相談に応じています。
また、医薬品関係の企業にいる薬剤師は、新しい医薬品の研究・開発や製造・流通等を行っています。この他、行政や大学で働く薬剤師もいます。また、意外に思われるかもしれませんが、大学以外の学校には薬剤師を置くとこととされており、教室の明るさやプールの塩素濃度の管理など、主に教育環境の衛生管理を行っています。
薬剤師になるためには、薬科大学・薬学部で薬について4年間専門的に勉強した後、薬剤師国家試験に合格しなくてはなりません。さらに、平成18年度から薬科大学・薬学部は医師・歯科医師と同じ6年制になり、医療現場で長期実習を行うことになっています。今薬剤師は全国で約23万人。うち薬局や病院等の医療現場に15万4千人が従事しています。

調剤について

薬剤師は、処方せんにもとづいてみなさんのおくすりをそろえたり、
おくすりを飲みやすくする工夫もしています。

薬局薬剤師は相談相手です

あなたは市販のお薬を購入するとき、どんな薬局を選んでいますか?
価格が安い薬局ですか? 自宅や勤務先に近い薬局ですか?
日本薬剤師会では平成14年に、約2万の方を対象に「薬局を選ぶ際に重視するポイント」を調べたことがあります。それによると、大衆薬を購入する際に重視する点は、「薬剤師や従業員の対応がよい」が最も多く、「気軽に質問・相談できる」、「品揃えが豊富である」、薬の説明が十分でわかりやすい」が上位を占めました。
なぜ、大衆薬を買うとき、多くの人が「相談」や「説明」を重視するのでしょう?それは大衆薬とはいえ、薬は他の商品と異なり、効き目の反面、副作用が出る事もあり、上手に使用するための情報が必要だからなのです。
薬剤師は医薬品を販売する際に、必要な情報を提供する事が法律で定められています。皆さんも薬局で大衆薬を買うときに、自分の症状に合う薬を選ぶためのアドバイスを薬剤師に求めたり、使用上の注意を薬剤師から説明されたことがあると思います。昨年日本薬剤師会が行った調査では、全国6万の薬局・薬店には、1日平均120万人が大衆薬を購入するために訪れて、そのうち33万人が何らかの相談や質問を行っていることが推測される結果が明らかになりました。薬を購入する時には薬剤師に相談し、安心して使っていただきたいと思います。
日本薬剤師会ではいま、「そうだ、薬剤師にきいてみよう!」をキャッチフレーズにした取り組みを全国の薬局・薬店で行っています。例えば、気軽に相談していただけるように名札の着用を薬剤師に徹底したり、電話番号の入った名刺をお渡しするなどの活動を進めています。また多くの、薬局・薬店では休みのときにも相談に応じられるように、夜間・休日の緊急連絡先を店内や店頭に掲示する取り組みも続けています。是非、相談しやすく信頼できる薬剤師のいる薬局を見つけて、上手に活用していただきたいと思います。

おくすりの情報の提供について

薬剤師は、おくすりを安全に使っていただくために患者さんにおくすりの情報を提供します。
副作用が起こった時の情報を集め患者さんや医師に伝えたり、医師におくすりの効き目、安全性、品質などの情報を提供しています。

処方せん調剤と病院薬剤師

街の薬局に処方せんを持っていたときに、「他に飲んでいる薬はありますか」とか「薬の副作用が起きた事はないですか」などと、聞かれたことはありませんか?
「お医者さんにも言ったのに」と、ちょっと戸惑った方もいるかもしれません。なぜ、薬局の薬剤師はいろいろな質問をするのでしょう?
薬のイメージ処方せんに基づく薬剤師の調剤は、単に処方どおりに薬を揃えるだけではありません。薬剤師は処方せんを受け取ると、処方せんに書かれている薬の量を確認したり、患者さんが過去に副作用を経験した薬が処方されていないかを調べます。また、患者さんにいま使用している薬があるかをお聞きし、使っている薬があれば成分をの重複や呑み合わせに問題がないかを確認します。継続して薬を使っている方には、薬を飲み始めてから体調に変化がないかをお尋ねし、副作用が起きていないかも確かめます。
特に小さいお子さんでは体重に対して薬の量が適切か、妊娠中や授乳中の方の場合には服用して問題がないか、高齢の患者さんには副作用が起きていないかを慎重に調べます。薬局ではこれらを記録しておき、次回来局いただいた際に活用しています。このように患者さんに薬を安心・安全に使っていただくために、薬剤師はさまざまなことをお聞きするのです。
また、病院薬剤師はこのような調剤業務に加え、入院患者さんのベッドサイドにうかがい、説明とともに薬が期待どうり効いているかや、副作用の兆しがないかを確認します。薬剤師がお聞きした内容を医師にフィードバックし、次回の処方に反映されます。さらに、血液データや臨床検査値から患者さんの薬の効き方を確かめ、医師に適切な投与量などを助言することもあります。
そのほか病院内の薬剤師は、病院内の医薬品の管理、医師や看護師への医薬品に関する情報の提供、医薬品に関する医療事故の防止、院内感染防止などの役割も担っています。外来患者さんの調剤が街の薬局に委ねられた分、病院薬剤師はチーム医療の中で、患者さんの薬物治療に責任を持てる『臨床薬剤師』を志向しているのです。

服用歴の管理について

薬剤師は、薬歴と呼ばれる患者さんごとのおくすりの記録をつけています。どのようなおくすりを飲んだことがあるか、副作用が出たことがあるおくすりは何かなど、大切な記録です。

薬物乱用防止について

薬剤師は、薬物が乱用されないよう正しい使い方の普及・啓発運動にたずさわっています。
また、地域の薬物乱用防止指導講習会の講師もしています。

医薬品のあるところには必ず薬剤師

薬剤師の仕事は、病院や薬局などの医療現場だけではありません。薬剤師は、医薬品を開発・製造する製薬会社、医療現場に医薬品を供給する医薬品卸業、医薬品を審査・承認する行政機関などでも活躍しています。
新しい薬が生まれるまでには、新薬の候補となる化学物質を探し出し、動物実験を行い、その後人での試験(臨床試験)を行います。臨床試験の結果、医薬品として承認されれば、医療現場で使われるようになりますが、新薬が世の中に出た後も6年間、製薬会社はその有効性と安全性を追跡調査しなくてはなりません。薬剤師は、製薬会社で新薬の研究・開発を行ったり、承認取得のための仕事をしたり、市販後の安全対策に取り組んでいます。薬事法という法律では、製薬会社に「総括製造販売責任者」として薬剤師を置くことを義務づけています。総括製造販売責任者は、自社の医薬品の品質や安全性が適正に確保されているよう、常に責任を持って取り組んでいます。
また、製薬会社から医薬品を仕入れ、医療機関や薬局に医薬品を供給する医薬品卸業でも多くの薬剤師が働いています。医薬品卸業の薬剤師は、医薬品が適切に使われるように、病院や薬局を訪問し、医師や薬剤師に医薬品情報を提供する役割を担っています。

製造や流通段階にある医薬品の品質管理も重要な仕事の一つで、このため医薬品を製造したり、保管管理する場所には、管理に当たる薬剤師を配置することが法律で定められています。さらに、国や都道府県で医薬品を審査・承認したり、市町村や保健所で流通段階にある医薬品の監視などを行ったり、行政の研究機関で試験検査の仕事をしている薬剤師もいます。
これまでお話してきましたように、薬局や病院に限らず、医薬品のあるところには必ず薬剤師がいるのです。
医薬品が作られてから皆さんの手に渡るまで、薬剤師はそれぞれの立場で薬学の知識を活かした仕事をし、皆さんの健康に貢献しています。これからも、みなさんの安心と満足のため、薬剤師は良質で安全な医薬品の適正使用に貢献していきたいと考えています。

学校薬剤師について

学校のプール、給食、空気、水道水等の衛生を検査しています。理科室の薬品や保健室のおくすりを管理するのも私たちの仕事です。
また、学校の理科の先生、麻薬捜査官、調香師も調剤士の仕事です。
参考文献:日本薬剤師会PR広告



うさぎ薬局  ゆう薬局グループ  サンプラザ調剤薬局  みよの台薬局グループ  パルオネスト  タカダ薬局  イズミヤ  大日薬局グループ  紫峰  富士薬品  マツモトキヨシ  ニック  阪神調剤薬局  祥漢堂  サンメディック  日本調剤  クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン  おむつケーキ 2 3 4  薬剤師ミイコが語る【賢い仕事探し】